こども

こどもとママの日頃のお肌の乾燥保湿ケア・お手入れ

うちの娘は肌が弱め。

産まれて数カ月は乳児湿疹が酷く、、、
お友達がお祝いに来たいと
言ってくれているのに
娘の肌のあまりの荒れように
会ってもらうのをためらいました。

離乳食が進むにつれて、
口周りがすぐに真っ赤になり
何時間も赤いまま。

アレルギーがあるのかと検査を受けるも
卵アレルギーが少しあっただけで、
先生曰く
「アレルギーが原因ではなく、
食べ物が肌につくと敏感に反応して
赤くなるんですよ」と診断されました。

4歳になった今でも
食事後すぐに口周りを拭かないと
赤くなったりダダれたりします。

夏は汗に負けて頭皮が皮膚むけします。
こまめに汗を拭くようにしてますが、
保育園に行ってる間はなかなか厳しい。。

夏の間は比較的落ち着く乾燥肌も、
冬は保湿怠けたらすぐに鮫肌に。。

 

そんな娘は皮膚科に頻繁に通院。

何度も通って学んだことは、
日ごろ私がしてあげれるケアは、
保湿してあげてバリアしてあげること。

・保湿
・肌が荒れたら、キンダベート
(頭皮は別の薬を処方されました)

お肌の保湿ケア・お手入れ

保湿でよく皮膚科で処方されるのは
・ヒルドイドローション
・ヒルドイドクリーム
・プロペト

私は皮膚科で処方される
ヒルドイドローションの
ジェネリック医薬品の
「ビーソフテンローション」が
何度か自分の肌で試してみて
なじみもよく使用感が好きで
よく処方してもらってます。

ヒルドイドローションは白濁した乳液状。

 ビーソフテンローションは少しとろみのある透明な化粧水。

ヒルドイドとビーソフテンとプロペトを
常備しています。
こどもの肌荒れ乾燥が気になる時の
保湿のメインで使っています。

 

ヒルドイドとビーソフテンの
主成分はヘパリン類似物質。

“ヘパリン類似物質”は

乾燥肌の救世主と言われており

肌のバリアを整え、肌自ら潤いを保てるよう作用します。

 

こどもの肌が落ち着いてる時と
ママの保湿には

ペバリン類似物質の入っている
市販のローションの
NALC薬用ヘパリンミルクローション
を使ってます↓



娘も肌が弱いということは、
実はママの私も肌が弱く、私も一緒に
このヘパリンミルクローションを
使用してます。香りはないです。

パッケージも本体もおしゃれで
ポンプ式で使いやすい。
伸びがよくよく保湿されます♪

 

ヒルドイド
ビーソフテン
ヘパリンミルクローション

のいずれかをつけた後に、
プロペトや白色ワセリンで蓋をしてます。

白色ワセリン↓

その後に荒れている場所をみつけたら
キンダベートを薄く塗ってます。

これから乾燥の季節。
保湿ケアこまめに頑張ります!!
(ズボラな私がんばれ!笑)

 

ABOUT ME
kunkun
kunkun
こどもとパパ・ママ 3人マンション暮らし 大好きなインテリア、DIYのこと こどもや暮らしのことを書いています♪